移動平均線・ボリンジャーバンドの見方、使い方・続編(順行・逆行の境目はどこ?安定トレンドが続く、取りやすい環境はどこ?)

トレーディングビューの教育動画には入りきらなかった、ADXをフィルターにしてトレンド相場判定を行う考え方を追加説明しています。

動画は日足チャートを例に行っていますが、考え方はどの時間足でも同じように適用できると考えています。

基準とする移動平均線の時間期間の選択は、各個人のトレード環境や、銘柄・時間足、相場つきにより最適解が変化します。

どの移動平均線が最適か、その移動平均線と価格との関係はどの時間足を見るのが一番把握しやすいか、エントリー・決済に使う短期雲のねじれが頻繁すぎず、遅すぎない時間足はどれか、などを意識して分析を行うと良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました